新着記事
(08/29)【訃報】滝口順平さん80歳=民間放送初の声優
(07/06)訃報:「スケバン刑事」の和田慎二死去―漫画家たち追悼
(11/19)映画「ONE PIECE SW」が地上波初登場、12月18日にフジテレビ系で放送へ
(11/14)映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』が2011年夏全国公開、公式サイトオープン
(11/12)アニメ「君に届け」2期、新キャラ三浦健人役は宮野真守
(11/12)「鋼の錬金術師」一番くじに初登場、人気の「シャオメイ」ぬいぐるみも
(10/31)訃報:ポケモン脚本家 首藤氏が死去
(10/31)訃報:俳優・声優の野沢那智さん死去
(07/30)西尾維新アニメプロジェクト第3弾「傷物語」の制作が決定
(07/30)PSP用「ゴッドイーター バースト」10月発売で予約受付中
(07/30)テレビ初登場の「サマーウォーズ」は特別版、細田監督が直々に再編集。
(07/08)注目ドラマ紹介 :「もやしもん」愛らしさ抜群の菌CGとはまり役キャストが熱演
(07/08)『借りぐらしのアリエッティ』特番情報
(07/08)「けいおん!!」新OP曲とED曲が8月4日リリースで予約開始
(07/08)「涼宮ハルヒの憂鬱」全28話収録BD-BOXが10月発売で予約開始
(07/03)「化物語」第15話の完成版OP配信開始。エロいと大評判に
(07/03)新仮面ライダー『オーズ』、史上初“ファッションショー形式”でお披露目
(06/27)TYPE-MOON新作「魔法使いの夜」9月30日発売で予約受付中
(06/27)「化物語」最終話配信で股間に絆創膏&サーバが激重に!
(06/16)訃報「キカイダー01」主演、池田駿介さん死去

2009年05月04日

第2期への布石? 「DARKER THAN BLACK」漫画連載開始

アニメ「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」はBONES制作で2007年4〜9月に放送された。同作品の漫画版の連載が、5月15日発売のヤングガンガンにてスタートする。アニメのキャラクター原案を手がけた岩原裕二さんが担当する。

「DARKER THAN BLACK」は今秋に第2期アニメが始まるとの噂が以前から流れているが、漫画連載のスタートは第2期アニメ開始に向けての布石と見られている。


posted by 九郎 at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

「マクロスF」ランカ役・中島愛のボーカロイド発売決定

「マクロスF」ランカ・リー役の声優・中島愛さんが声を担当するボーカロイドソフト「ランカロイド」が出るのではないかという噂があることを3月に紹介した。株式会社インターネットが発売する「がくっぽいど」の第2弾として出るとの話だったが、そのソフトが本当に出るようだ。

DTMマガジンの増刊として発売された「the VOCALOID CV 03 巡音ルカ」にその旨が掲載されているもよう。「the VOCALOID CV 03 巡音ルカ」の内容紹介で、「ついに発表された国内第5のVOCALOIDの声を担当した『中島愛』さん、発売元のインターネット社代表 村上氏にそれぞれインタビュー」とある。ただ「マクロスF」のランカ・リーの名前は出てこない。


posted by 九郎 at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年04月26日

ガンダムUC:アムロとシャアの最後から3年、福井晴敏原作でアニメ化 09年冬に

まんたんウェブ様より

「亡国のイージス」などの作家、福井晴敏さんの小説「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」(角川書店)がアニメ化されることが25日、明らかになった。09年冬発表予定で、公開方法やキャストなどは未定。

 「機動戦士ガンダムUC」は、アムロとシャアの最後の戦いを描いた劇場版アニメ「逆襲のシャア」から3年後の世界が舞台。宇宙世紀(UC)の歴史のカギを握る「ラブラスの箱」とモビルスーツ「ガンダムUC」をめぐる争いに巻き込まれてしまった少年バナージの成長と、地球連邦軍とネオ・ジオン軍の戦いを描く。

 原作は、「月刊ガンダムエース」07年2月号から連載が始まり、1〜8巻で160万部を発行している。


posted by 九郎 at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

『バカとテストと召喚獣』テレビアニメ化決定!

作:井上堅二、イラスト:葉賀ユイの『バカとテストと召喚獣』のテレビアニメ化が決定しました!。
監督は「ef」のアニメシリーズを手掛けた大沼心氏、シリーズ構成は、「喰霊−零−」や「ef」、「夏のあらし!」を手掛ける高山カツヒコ氏が担当。

また、4月25日に発売の「月刊少年エース」(角川書店)6月号より、『バカとテストと召喚獣』のコミック連載もスタートする予定です

■スタッフ■
監督:大沼心
シリーズ構成:高山カツヒコ
キャラクターデザイン:大島美和
アニメーション制作:SILVER LINK.
製作:バカとテストと召喚獣製作委員会



posted by 九郎 at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年04月21日

May'nの新曲「キミシニタモウコトナカレ」のPVをフル配信中

5月6日にリリースされるMay'nさんの新曲、4月からスタートしたTVアニメ「シャングリ・ラ」のオープニングテーマ「キミシニタモウコトナカレ」のビデオクリップのフル配信が、ビクターエンタテインメント内にあるMay'nアーティストページで本日から公開中です。


■関連URL■
May'n|@Victor Entertainment

タグ:May'n
posted by 九郎 at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年04月08日

フルメタル・パニック! 米国映画会社が実写映画化権獲得 米誌報道

アニメ!アニメ!様より

人気作品として小説、マンガ、アニメと幅広く展開する『フルメタル・パニック!』が、米国ハリウッドで実写映画化される可能性が出てきた。米国のエンタテインメント業界誌ハリウッド・レポーター(Hollywood Reporter)が4月6日に、ハリウッドの有力映画会社マンダレイ・ピクチャーズ(Mandalay Pictures)が『フルメタル・パニック!』の実写化映画権を獲得したと伝えている。
 マンダレイ・ピクチャーズの創業社長のピーター・グーバー(Peter Guber)氏は、かつてソニーピクチャーズの大物プロデューサー、経営者として活躍した人物である。

 報道では主演に若手俳優のザック・エフロンが言及されている。ザック・エフロンは、米国人気ドラマ『ハイスクール・ミュージカル』などで人気が高い。
 しかし、ハリウッド・レポーターは脚本や監督、配給会社については触れておらず、映画化企画が初期段階であることを伺わせる。映画化の実現は、今後の展開次第のようだ。

 『フルメタル・パニック!』は作家賀東招二さんの書く、小説が原作となっている。1998年に発表され、現在も長編シリーズとして継続している。作品は学園コメディと秘密組織を背景にしたアクションがミックスされた、独自の世界となっている。
 シリーズは2000年代に入り、マンガやアニメなどの広いメディア展開を開始し、大きな人気を獲得した。また、これまでに3本のアニメシリーズが制作されている。いずれの作品にも、原作者の賀東招二さん自らがシリーズ構成に参加しているのが特長である。
 国内でも人気が高いシリーズだが、米国でも小説、アニメとも発売されており、アニメファンには知られた作品となっている。一方で、一般的にはあまり知られた作品ではなく、やや意外感のある映画化権獲得である。

 近年、ハリウッドの映画会社が、映画企画のアイディアのために日本のアニメ、マンガの実写映画化権を積極的に獲得していることはよく知られている。特に昨年は、『攻殻機動隊』、『カウボーイビバップ』などの大型作品の実写映画化権の販売が報道されるなど有名作品はほぼ出揃った。
 その一方で、『一騎当千』や『バブルガムクライシス』といった、これまで海外でもかなりニッチとされてきた作品にも目が向けられるようになっている。メジャータイトルの権利獲得が難しくなり、一般の米国人はあまり知らないけれど面白い作品の掘り起こしが始まっているとみられる。今回の『フルメタル・パニック!』も、そうした一連の流れにありそうだ。

■関連URL■
『フルメタル・パニック!』 公式サイト 
posted by 九郎 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年03月08日

神谷浩史、釘宮理恵が主演男優・女優賞に! “第3回声優アワード”

ファミ通.com様より

“第3回声優アワード”授賞式が、2009年3月7日、東京・秋葉原のUDXシアターにて開催された。声優アワードとは、その年度に“最も印象に残る”声優や作品を対象に、その業績を称える本格的な、声優を対象とするアワードとして創設されたもの。2006年に創設され、3回目を迎えた。

(中略)

 “第3回声優アワード”各賞の授賞者は以下のとおり。主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、新人男優賞、新人女優賞、歌唱賞、パーソナリティ賞については、2008年に発表された作品中での活躍を基準に、各投票サイト・施設にて行われた一般投票と、選考委員会による選考で最終的な受賞者を決定。特別功労賞、功労賞、シナジー賞、富山 敬賞(話題賞)に関しては、選考委員会が顕彰する。2009年からは英語版公式サイトにおける、海外ファンからの投票に基づいた海外ファン賞が新設されている。授賞式では、若手声優たちがドレス姿や着物姿で華やかに、初々しく受賞のコメントをする一方、功労賞授与では、声優界の歴史を支えた名優たちが、ウィットに富んだスピーチを披露。若手声優たちも、その歴史の重み、深さを感じている様子だった。


■第3回声優アワード受賞者■

○主演男優賞:神谷浩史
○主演女優賞:釘宮理恵

○助演男優賞:井上和彦
○助演女優賞:遠藤綾

○富山敬賞:山寺宏一
○海外ファン賞:福山潤

○シナジー賞:清水マリ、水垣洋子、勝田久(作品:鉄腕アトム)
○特別功労賞:武藤礼子
○功労賞:内海賢二、富田耕生、永井一郎

○歌唱賞:中島愛

○パーソナリティ賞:神谷浩史

○新人男優賞:岡本信彦
○新人女優賞:阿澄佳奈


なお、ファミ通.com様において受賞者のコメントが載っています(^-^)

■関連URL■
声優アワード”公式サイト
posted by 九郎 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年03月07日

「鋼の錬金術師」第2期で声優大量変更&リーク情報まとめ

にゅーあきば.こむ様より

「鋼の錬金術師」第2期テレビアニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」は4月5日から放送される。第2期のキャストが第1期から大幅に変更となったことが「今日もやられやく」で紹介されている。キャストが変更となったキャラクターが一覧にまとめられており、変更前後の担当声優が分かる。

Wikipediaの「鋼の錬金術師の登場人物一覧 (アニメ)」の項目にも既に反映されている。変更となったキャラクターについては「→2期からxx」と書かれている。

ウィンリィ・ロックベル:高本めぐみ
ロイ・マスタング:三木眞一郎
リザ・ホークアイ:折笠富美子
アレックス・ルイ・アームストロング:内海賢二
マース・ヒューズ:藤原啓治
ジャン・ハボック:うえだゆうじ
ヴァトー・ファルマン:浜田賢二
マリア・ロス:名塚佳織
キング・ブラッドレイ:柴田秀勝
スカー:三宅健太
ラスト:井上喜久子
グラトニー:白鳥哲
エンヴィー:高山みなみ
ゾルフ・J・キンブリー:吉野裕行
アイザック:山寺宏一

posted by 九郎 at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

「ハルヒ改」放送日時が判明。やはり再放送じゃない!?

にゅーあきば.com様より

「涼宮ハルヒの憂鬱」は4月から「改めて」放送されることが発表されており、再放送との話がある中、単なる「再放送」ではないとの推測も根強くある。

3月10日発売のニュータイプ4月号にアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱、改めて」に関する情報が掲載されたことが以下のサイトで紹介されている。キャストインタビューが取り上げられているが、平野綾さんが「またハルヒを演じることが出来て本当にうれしいです」と語るなど、やはり単なる「再放送」とは思えない内容だ。

テレ玉 4/2 25:00〜
 サンテレビジョン 4/2 24:40〜
 新潟テレビ21 4/2 25:45〜
 東京MX 4/3 26:30〜
 TVK 4/3 27:15〜
 TVQ 4/4 26:40〜
 テレビ和歌山 4/5 25:10〜
 テレビ北海道 4/6 25:30〜
 広島テレビ 4/7 25:29〜
 KBS京都 4/7 25:00〜
 千葉テレビ 4/7 26:00〜
 奈良テレビ 4/7 26:00〜
 仙台放送 4/7 26:08〜
 メーテレ 4/14 27:25〜
 ようつべ 4/15

posted by 九郎 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

スラムダンク「あれから10日後…」予約開始!

1996年に惜しまれながら連載が終了してしまった、井上雄彦氏による漫画「スラムダンク」だが、その続編ともいえる23枚の描き下ろし漫画を収録した「スラムダンク『あれから10日後−』完全版」が4月10日に発売されることが決定。Amazonでも予約を開始した。

「あれから10日後−」は、2004年12月に旧神奈川県立三崎高校で3日間だけ開催された「スラムダンク一億冊感謝記念・ファイナルイベント」で、井上雄彦氏が黒板に描いた23枚の漫画を収録したフォトブック。それに加えて、ファイナルイベントへ至るまでの新聞広告やウェブサイトで使われたビジュアルも多数収録されている。

posted by 九郎 at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年03月04日

バサラと歌う「突撃ラブハート」も収録、May'nのライブDVD

おた☆スケ様より

シェリル・ノームの歌担当として昨年大ブレイクした、May'nさん初のライブDVDとなる「May'n☆Act」が3月25日にリリースされるが、その収録内容が明らかになった。

「May'n☆Act」は、1月29日に赤坂BLITZで開催されたライブの模様を収録。「マクロスF」の大ヒットナンバーが多数収録されている。中でも注目は、スペシャルゲストとして出演した歌バサラこと福山芳樹さんと一緒に歌った「突撃ラブハート」。マクロスファンは必見だ!

<「May'n☆Act」収録曲>
01.Welcome To My FanClub's Night!
02.射手座☆午後九時Don't be late
03.MC(1)
04.キスを頂戴
05.ノーザンクロス
06.妖精
07.ダイアモンド クレバス
08.MC(2)
09.Grand Piano
10.Glorious Heart
11.May'n Act ONGAKUSHITSU〜メンバー紹介〜
12.What 'bout my star?
13.インフィニティ
14.ライオン
15.MC(3)
16.May'n☆Space
17.WHY?
18.嫌、嫌
19.MC(4)
20.突撃ラブハート
21.MC(5)
22.BLUE
23.MC(6)
24.射手座☆午後九時Don't be late
25.Ending


■関連URL■
::: May'n オフィシャル ウェブサイト :::
posted by 九郎 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年03月03日

『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』新情報が判明

ファミ通.com様より

 『FFVII』の約2年後の物語を描いた大ヒット映像作品、『FFVII アドベントチルドレン』(以下、『FFVII AC』)。本作は『FFVII AC』に30分以上の新規、改変シーンを追加した完全版。ハイビジョン画質や、英語版のボイスを楽しめるのも魅力だ。さらに、特典映像としてオリジナルアニメーション映像が収録されることも判明した。

本作はシーンに追加や改変がされたことで、『FFVII』をプレイしていない人が観ても、シナリオや物語の背景が理解しやすいように再構成されている。また、タイトルにもある“子供たち”の描写が大幅増加。なかでも、孤児のデンゼルと、バレットの娘マリンのふたりは重要な役割を担う。彼らとクラウド、ティファの関係性や触れ合いが描かれることで、新たな事実が浮かび上がってきそうだ。

本編に収録される特典映像は、野島一成氏による『FFVII』関連小説、『On the Way to a Smile』をアニメーション化したもの。小説の“デンゼル編”がベースになっている。成長して“世界再生機構(WRO)”の入隊を目指すデンゼルが、そのトップであるリーブに、みずからの過去を語るという内容だ。制作はA-1 Pictures、BeStack。


本編約126分+OVA、トレーラー映像など、ドルビーTrueHD、字幕(日本語)ON:OFF、音声:日本語・英語、画面サイズ16:9
“Cloud Black”HDD 160GB+「FINAL FANTASY XIII」Trial Version Setはプレイステーション3本体(“Cloud Black”HDD 160GB)、『FFXIII』体験版同梱で49980円[税込]、「FINAL FANTASY XIII」Trial Version Setは『FFXIII』体験版同梱で5900円[税込]
ディレクター:野村哲也、Co.ディレクター:野末武志、シナリオライター:野島一成(有限会社ステラヴィスタ)、コンポーザー:植松伸夫(有限会社スマイルプリーズ)、アートディレクター:直良有祐、メカ&クリーチャーデザイン:竹谷隆之、プロデューサー:北瀬佳範、橋本真司
posted by 九郎 at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年03月01日

交響詩篇エウレカセブン:劇場版、GW公開 レントン・エウレカのもう一つの恋物語

まんたんウェブ様より

05年4月から1年間放送され、話題となったロボットアニメ「交響詩篇エウレカセブン」を新たな物語として“再生”した劇場版アニメ「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」が4月25日、テアトル新宿(東京都新宿区)などで公開される。新作シーンにテレビシリーズのカットを加え、ストーリーも新たに主人公レントンとヒロイン・エウレカのもう一つの恋物語が描かれる。

 「エウレカセブン」は、とある惑星に住む少年レントンが、人型機動マシン「LFO」に乗って墜落してきた少女エウレカと出会い、軍に反攻する空賊ゲッコーステイトに参加して、戦いの中で成長していく姿を描いた物語で、劇場版アニメ「ラーゼフォン 多元変奏曲」の京田知己監督、「鋼の錬金術師」のボンズが制作。作中に登場するサーフボードや、ロック・テクノなどの音楽なども注目された。

 劇場版では、レントンとエウレカの「もう一つの物語」として、宇宙から飛来した謎の生命体イマージュと人類が半世紀にわたる戦いを繰り広げてきた西暦2056年が舞台。レントンはイマージュと戦う独立愚連隊の少年兵で、8年前にイマージュに連れ去られた幼なじみのエウレカを救い出すのが夢、という全く新たな設定で二人の恋が描かれるという。

 ほかに、テアトル梅田(大阪市北区)、伏見ミリオン座(名古屋市中区)で上映。公開を記念してテレビシリーズを収録したDVD・ブルーレイディスク(BD)のボックスが3月27日に発売される。DVD(全1巻)は5万2500円、BD(全2巻)は1巻が3万6750円(2巻は4月24発売予定)。
posted by 九郎 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年02月25日

描き下ろしも追加! 「あずまんが大王」新装版発売決定

あずまきよひこさんのサイト「よつばスタジオホームページ」にて、「あずまんが大王」の新装版が発売されることが告知されています。
「あずまんが大王」連載開始10周年記念として出るようで、新装版には描き下ろしも追加されるとの事です。
詳細はまだ未定のようです。

■関連URL■
よつばスタジオホームページ



posted by 九郎 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

『真マジンガー 衝撃!Z編 on television』TVアニメシリーズ放送決定!

永井豪の原作『マジンガーZ』が再びアニメ化決定しました!
テレビアニメ『真マジンガー 衝撃!Z編 on television』として、2009年春より放送を開始する予定です。

監督は、「ジャイアントロボ」などを手掛けた今川泰宏氏が担当する。アニメ化にあたり、新キャラ、新設定を多数追加するとのこと。
公式サイトもオープンしました!
2009年春より放送開始予定(全26話)

■キャスト■
兜甲児:赤羽根健治
兜シロー:藤村歩
兜十蔵:鈴木泰明
弓さやか:本多陽子
弓弥之助:中博史
暗黒時刑事:伊丸岡篤
錦織つばさ:一城みゆ希
クロス:玄田哲章
安:加藤将之
菊ノ助:巴菁子
Dr.ヘル:岸野一彦
あしゅら男爵:(男)石飛幸冶
   (女)山像かおり
ブロッケン伯爵:稲葉実
ナレーション&クロス:玄田哲章


■スタッフ■
原作:永井豪・ダイナミック企画
監督・脚本:今川泰宏
キャラクターデザイン:竹内進二
マジンガー&機械獣デザイン:野中 剛(バンダイ)
音楽:宮川彬良 アニメーション
制作:BEEMEDIA・Code


■関連URL■
真マジンガー 衝撃!Z編 on television 公式サイト
posted by 九郎 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年02月24日

『ドラゴンボール改』番組HPプレオープン

東映アニメーションHPにて、2009年4月5日より放送が開始されるテレビアニメ『ドラゴンボール改』の番組ページをプレオープンしました。
『ドラゴンボール改』は、テレビアニメ『ドラゴンボールZ』の再編集デジタルリマスター版。
アフレコもオリジナルスタッフで行われ、OPテーマ、EDテーマも新しくなるそうです!

■関連URL■
東映アニメーション『ドラゴンボール改』




posted by 九郎 at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年02月20日

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の公開日が6月27日に決定。

基本的なストーリーは過去に製作された「エヴァンゲリオン」をベースにしながら、登場人物やストーリーを新たに加え、全く新しい4部作として製作が進められている映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」。第1作の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」は2007年9月に公開され、興行収入20億円を超えるヒットを記録するなど、改めて「エヴァ人気」を強く印象づけたのは記憶に新しいところだ。当初、これに続く第2作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は2008年公開の予定だったが、昨年10月に2009年初夏への延期が発表されたため、このときばかりは落胆したファンも少なくなかった。

でも、ついに正式な公開日が決定。公式ブログ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版ブログ」によると公開日は6月27日(土)で、シネマスクエアとうきゅうほか全国での公開となる。また、特典付き特別鑑賞券を3月14日から発売するほか、同時に公開劇場館で特報を上映する予定だ。




第2作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は、「原画など既存素材の流用にこだわらず、完全新作をベースに制作が進められている」(公式サイトより)作品。「大量に描き起こされたデザインと設定」(同)によって、従来の「エヴァ」を超えた大胆な“進化”を遂げる模様だ。第1作では登場シーンの無かったアスカがエヴァンゲリオン2号機に乗って参戦するほか、新ヒロインが登場。テレビシリーズと新4部作の大きな分岐点となる、重要な位置づけの作品だ。

なお、公式サイト「EVANGELION.CO.JP」によると、第1作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」に新作カットを加え、デジタルマスター版として甦ったBlu-ray&DVDも5月27日に発売されることが決定。詳細な情報は3月16日に公式サイト上で発表されるので、こちらの情報も要チェックだ。
posted by 九郎 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年02月15日

奈須きのこ原案TVアニメ『CANAAN』は2009年夏登場!

電撃オンライン様より

2月14日、都内の秋葉原UDX AKIBA_SQUAREで開催された“WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 9 〜featuring figma & ねんどろいど〜”内のステージイベントで、新作TVアニメ『CANAAN(カナン)』と『Phantom(ファントム)〜Requiem for the Phantom〜(以下、Phantom)』の紹介が行われた。

■『CANAAN』
 『CANAAN』は、2008年12月にセガから発売されたWii用ソフト『428 〜封鎖された渋谷で〜』に収録されている奈須きのこさん原案のボーナスシナリオを原作としたTVアニメ。原作スタッフが、「納得いかない企画内容、スタッフである場合は無理にアニメ化する必要はない」と語るこだわりに応える作品になるとのことで、監督はアクションシーンの演出に定評のある安藤真裕さんが務め、シリーズ構成はアニメ『ローゼンメイデン トロイメント』などの脚本を手掛けてきた岡田麿里さん、アニメーション制作はビーエーワークスが担当する。


 キャストも、沢城みゆきさん、坂本真綾さん、田中理恵さんなど豪華声優陣を起用。気になる放送開始時期だが、「2009年夏に登場します!」とのことであった。

■『Phantom〜Requiem for the Phantom〜』
 『Phantom』は、2000年にPCで発売されたニトロプラスの処女作『Phantom −PHANTOM OF INFERNO−』のアニメ化作品。『NOIR』、『MADLAX』、『エル・カザド』などを手掛けてきた真下耕一さんを監督に、現在放送中の人気TVアニメ『機動戦士ガンダム00』などでおなじみの黒田洋介さんをシリーズ構成に迎え、重厚なストーリーの骨子はそのままに新たなドラマも描いていくという。

 作品のテーマは、“ハードボーイルド”と“ボーイ・ミーツ・ガール”とのことで、ニトロプラスの最狂広報ことジョイまっくすさんは、「生きるってどういうこと?」、「人を愛すると、こんなにも強くなれる」ということを初代ゲーム版に教わったと、熱い思いを吐露していた。


 といいつつも、司会の鷲崎健さんに「バレンタインデーだから!」と“ねんどろいどジョイマックス”をプレゼントしたり、ステージで大暴れしたりと、最狂広報っぷりを発揮するジョイまっくすさん。上記の思いを語った時、鷲崎さんから「それで今こんな風になったんですね」とツッコミを入れられると、「説得力ねー!!」と涙。ちなみに本作の放送開始日は以下の通り。

・テレビ東京 4月2日より毎週木曜26:15〜
・テレビ大阪 4月3日より毎週金曜27:05〜
・テレビ愛知 4月8日より毎週水曜26:58〜

(C)CHUNSOFT/Project CANAAN
(C)2009 Nitroplus co.,ltd.All rights reserved.

■WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 9 〜featuring figma & ねんどろいど〜
概要
【会場】東京“秋葉原UDX AKIBA_SQUARE”
【開催日】2009年2月14日 10:00〜19:00(※すでに終了)

■TVアニメ「Phantom〜Requiem for the Phantom〜」
【放送開始時期】
 ・テレビ東京 4月2日より毎週木曜26:15〜
 ・テレビ大阪 4月3日より毎週金曜27:05〜
 ・テレビ愛知 4月8日より毎週水曜26:58〜

【スタッフ】(※敬称略)
 原作:ニトロプラス
 原作シナリオ:虚淵玄
 監督:真下耕一
 シリーズ構成:黒田洋介
 キャラクターデザイン:山下喜光、佐々木睦美、菊地洋子、門智昭、津幡佳明、芝美奈子
 アニメーション制作:ビィートレイン
 他



■関連URL■
『CANAAN』公式サイト
『Phantom〜Requiem for the Phantom〜』
posted by 九郎 at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

2009年02月14日

映画「超・仮面ライダー電王&ディケイド」の製作決定!

昨年10月に公開された「さらば仮面ライダー電王/ファイナル・カウントダウン」で一つの区切りを迎えた「仮面ライダー電王」が、新「超・電王」シリーズ開始の第一弾として、スクリーンに帰ってくる!
 モモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロスのおなじみ4人のイマジンのほか、デネブ、ジークといった人気者も健在。「キバ」で活躍した次狼、力、ラモンのモンスター軍団、さらに「ディケイド」の士、夏海ら主要メンバーも加わってストーリーを盛り上げる。
 そして、今回の劇場版のゲストとして、アッキーナとして人気のグラビアアイドル・南明奈が登場。デンライナーで時空を駆け巡る壮大な物語のヒロインとして活躍する。
 気になる公開は5月1日(金)から。
「平成仮面ライダーシリーズ」10周年を迎えた2009年の初夏は、新しく生まれ変わった「超・電王」で盛り上がろう!
posted by 九郎 at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記

劇場版「エウレカセブン」公開日 4月25日に決定

この春に新たな作品として蘇る『交響詩篇エウレカセブン』の劇場アニメ『交響詩篇 エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』の公開日が、4月25日になることが決定した。4月25日にテアトル新宿、大阪・テアトル梅田、名古屋・伏見ミリオン座などで劇場公開するほか、全国を順次公開する。
 多くの人が劇場に訪れやすいゴールデンウィークを挟む公開で、テレビシリーズのファンに加えて、今回の映画から観る新たなファンも取り込むことになりそうだ。

 明日2月14日からは、映画の全国共通前売券も発売開始となる。また、テアトル新宿、テアトル梅田、伏見ミリオン座の劇場窓口で共通前売り券を購入する場合は、作品のキャラクターデザインを担当する吉田健一さんの描き下ろしポスターがついてくる。
 また、映画に先立つ3月27日にはTV版『交響詩篇エウレカセブン』のBlu-ray Disc-BOX(1)とDVD-BOXも発売される。また、映画公開前日の4月24日には、Blu-ray Disc-BOX(2)が発売される。映画公開に合わせて、何かと話題が多くなっている。

 映画は、もうひとつの『エウレカセブン』とされている。既に公開されているストーリーはテレビ版とかなり異なった趣になっており、多くのファンの関心を集めている。
 4月25日に明らかになるこれまでとは違う『エウレカセブン』、『交響詩篇 エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』が、多くの人に待ち望まれている。 
(c)2009 BONES/Project EUREKA MOVIE


■スタッフ■
総監督: 京田知己
キャラクターデザイン: 吉田健一
アニメーションディレクター: 斎藤恒徳
特技監督: 村木靖
美術監督: 永井一男
色彩設計: 水田信子
撮影監督: 木村俊也
音響監督: 若林和弘
音楽: 佐藤直紀
制作: ボンズ

■キャスト■
レントン: 三瓶由布子
エウレカ: 名塚佳織
ホランド: 藤原啓治
タルホ: 根谷美智子
ドミニク: 山崎樹範
アネモネ: 小清水亜美 他

■関連URL■
『劇場版 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』 公式サイト
posted by 九郎 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記
お財布.com
カテゴリ
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。