新着記事
(08/29)【訃報】滝口順平さん80歳=民間放送初の声優
(07/06)訃報:「スケバン刑事」の和田慎二死去―漫画家たち追悼
(11/19)映画「ONE PIECE SW」が地上波初登場、12月18日にフジテレビ系で放送へ
(11/14)映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』が2011年夏全国公開、公式サイトオープン
(11/12)アニメ「君に届け」2期、新キャラ三浦健人役は宮野真守
(11/12)「鋼の錬金術師」一番くじに初登場、人気の「シャオメイ」ぬいぐるみも
(10/31)訃報:ポケモン脚本家 首藤氏が死去
(10/31)訃報:俳優・声優の野沢那智さん死去
(07/30)西尾維新アニメプロジェクト第3弾「傷物語」の制作が決定
(07/30)PSP用「ゴッドイーター バースト」10月発売で予約受付中
(07/30)テレビ初登場の「サマーウォーズ」は特別版、細田監督が直々に再編集。
(07/08)注目ドラマ紹介 :「もやしもん」愛らしさ抜群の菌CGとはまり役キャストが熱演
(07/08)『借りぐらしのアリエッティ』特番情報
(07/08)「けいおん!!」新OP曲とED曲が8月4日リリースで予約開始
(07/08)「涼宮ハルヒの憂鬱」全28話収録BD-BOXが10月発売で予約開始
(07/03)「化物語」第15話の完成版OP配信開始。エロいと大評判に
(07/03)新仮面ライダー『オーズ』、史上初“ファッションショー形式”でお披露目
(06/27)TYPE-MOON新作「魔法使いの夜」9月30日発売で予約受付中
(06/27)「化物語」最終話配信で股間に絆創膏&サーバが激重に!
(06/16)訃報「キカイダー01」主演、池田駿介さん死去

2007年12月18日

「ローゼンメイデン」真紅の声をユーザーが音声合成できるプロジェクト

ap01.jpg
broadband watchi様より

BIGLOBEを運営するNECビッグローブ、東京放送、マウスプロモーションは、アニメ「ローゼンメイデン」のキャラクター「真紅」の音声をユーザーが自由に音声合成できる公開実験サイト「Alice Project」を12月17日に開始する。
無料のユーザー登録のみで公開実験に参加できる。

Alice Projectは、NEC共通基盤ソフトウェア研究所の音声合成技術を活用した公開実験。アニメで真紅の声を担当した沢城みゆきの声を事前に収録してデータベース化し、ユーザーが入力したテキストに合わせて音声を合成。
その音声のアクセントやイントネーションなどをユーザーが編集することで、より自然な音声に近づけるチューニングが可能になっている。

音声合成で作成した音声は発生時の区切りやアクセント、テンポ、ピッチの変更が可能で、入力した漢字の読みが異なる場合も1語単位で変更できる。
作成した音声を複数組み合わせてプレイリストに登録することも可能で、プレイリストには真紅以外のキャラクターの画像も利用できる。
ただし、音声を発するのは真紅のみで、他のキャラクターは画像とテキストのみ表示する。

作成した音声の評価システムも用意され、他のユーザーが作成した音声を評価できる。
また、評価が上がるとユーザーのランクも上昇し、利用できる画像も増えていく。
他のユーザーが作成した音声をお気に入り登録することで、自分が作成するプレイリストに他ユーザーの音声を組み合わせることもできる。

自分が作成した音声へリンクできるブログパーツも用意。
公序良俗に違反すると思われる言葉に関しては、事前に入力できないNGワードを設定。
また、ユーザーによる通報システムも用意し、違反と思われる音声については削除といった対応を行なう。

公開実験では評価が高い作品やユーザーのチューニング内容を参考に音声データベースやイントネーションデータを調整して音声合成エンジンの精度を向上し、より自然な音声合成システムの実現を目指す。
Alice Projectを担当するNECビッグローブ パーソナル事業部の杉浦淳マネージャーは「ユーザーの力で音声合成のレベルを高めていく“音声合成のWeb 2.0的アプローチ”」と説明した。

ローゼンメイデン アリスプロジェクト

ローゼンメイデンは、人形師ローゼンが作り出した7体の人形が、究極の少女「アリス」を目指して互いに戦いを繰り広げるというストーリー。
杉浦氏は「ローゼンメイデンの人形たちはいずれもどこかに欠点があり、戦いによって成長していく」と説明、「不完全な音声合成エンジンをユーザーの手で完璧にしていくいうコンセプトがアニメに合致した」と、ローゼンメイデンを題材に選んだ理由を説明した。

 音声合成の分野では、人間の声を元にして歌声を作り出す「初音ミク」が注目を集めているが、杉浦氏は「Alice Projectは初音ミクよりも前から準備を進めていたが、予期せず音声合成に注目が集まったことはありがたい」とコメント。
音声合成を利用したビジネスの詳細は未定だが、「着ボイスやアバターの音声アイテムといった展開が考えられるのではないか。ライセンスが許すのであればパッケージ展開も考えたい」とした。

■関連URL■
Alice Project
posted by 九郎 at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記
お財布.com
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。