新着記事
(08/29)【訃報】滝口順平さん80歳=民間放送初の声優
(07/06)訃報:「スケバン刑事」の和田慎二死去―漫画家たち追悼
(11/19)映画「ONE PIECE SW」が地上波初登場、12月18日にフジテレビ系で放送へ
(11/14)映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』が2011年夏全国公開、公式サイトオープン
(11/12)アニメ「君に届け」2期、新キャラ三浦健人役は宮野真守
(11/12)「鋼の錬金術師」一番くじに初登場、人気の「シャオメイ」ぬいぐるみも
(10/31)訃報:ポケモン脚本家 首藤氏が死去
(10/31)訃報:俳優・声優の野沢那智さん死去
(07/30)西尾維新アニメプロジェクト第3弾「傷物語」の制作が決定
(07/30)PSP用「ゴッドイーター バースト」10月発売で予約受付中
(07/30)テレビ初登場の「サマーウォーズ」は特別版、細田監督が直々に再編集。
(07/08)注目ドラマ紹介 :「もやしもん」愛らしさ抜群の菌CGとはまり役キャストが熱演
(07/08)『借りぐらしのアリエッティ』特番情報
(07/08)「けいおん!!」新OP曲とED曲が8月4日リリースで予約開始
(07/08)「涼宮ハルヒの憂鬱」全28話収録BD-BOXが10月発売で予約開始
(07/03)「化物語」第15話の完成版OP配信開始。エロいと大評判に
(07/03)新仮面ライダー『オーズ』、史上初“ファッションショー形式”でお披露目
(06/27)TYPE-MOON新作「魔法使いの夜」9月30日発売で予約受付中
(06/27)「化物語」最終話配信で股間に絆創膏&サーバが激重に!
(06/16)訃報「キカイダー01」主演、池田駿介さん死去

2007年12月08日

最新作『マクロスF』情報満載のマクロス25周年記念特番が放送決定!

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 メモリアルボックス (初回限定生産)マクロス7  リマスターボックス 1マクロス7 リマスターボックス2
gooアニメ様より
 “マクロス”の歴史は1982年『超時空要塞マクロス』のTV放送から始まり、劇場版やOVA、新シリーズと展開、さらにアニメのみにとどまらず、音楽、グッズ、ゲームなどさまざまな分野でもエポックメイキングとなり、2007年にはついに25周年を迎えた。

その『マクロス』シリーズの最新作『マクロスF(フロンティア)』が2008年春から放送開始される予定だ。
何年も企画を練り上げたという『マクロスF(フロンティア)』は、これまでの「マクロス」の基本要素である“メカアクション”と“三角関係”、そしてストーリーの要となる“歌”を盛り込み、さらに対象的な2人のアイドルをヒロインにするなど、これまでのマクロスにはなかった要素を加えた「集大成+α」として、既存ファンも新規ファンも満足できる良質のエンタテインメント作品を目指している。

舞台は西暦2059年。1000万人以上が暮らす超長距離移民船団「マクロス・フロンティア」は、銀河の中心部を目指し航行していた。その「マクロス・フロンティア」に、近隣船団出身のトップ・アイドルのシェリル・ノームがコンサートのため訪れる。
銀河ネットワークのヒットチャートで常に上位のシェリルにあこがれるごく普通の女子高生、ランカ・リーは、シェリルのコンサート会場に急ぐ途中、パイロット養成コースの男子高校生「早乙女アルト」と出会う。
と、その時、突如「フロンティア」は強力な攻撃能力を持つ未知なる敵と遭遇。強力な攻撃能力を持つ敵はVF部隊を退け、とうとう市民たちの居住エリアへと侵入する。
平穏な宇宙船が戦闘状態になった時、アルトやランカのような若者はどう感じ、どう行動するのか? そして人類は何を選択するのか……!?

メインスタッフは河森正治氏を筆頭とした「マクロス」シリーズを手がけたスタッフに加え、「マクロス」シリーズを観て育ってきた若手実力派クリエイターが集結。
銀河を舞台に本格SFとラブストーリーが織りなすドラマが描かれる。もちろん可変戦闘機バルキリーの最新機VF-25も登場。
最新CGによる洗練されたメカアクション、特に宇宙空間を舞台にしたドッグファイトは、前作「マクロスゼロ」以上のクオリティが期待される。
 恋と友情と惑星の運命が交差する超銀河ラブストーリーの今後の続報に注目だ。

そして、この『マクロスF(フロンティア)』の情報も満載のマクロス25周年記念特番「マクロス25周年記念スペシャル」(仮)が放送されることが決定した。TBSでは2007年12月23日(日)深夜26:50〜(予定)、MBSでは12月28日(金)深夜25:15〜(予定)だ。
 TV版『超時空要塞マクロス』、劇場版『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』を中心に「マクロス」シリーズを紹介。クリエイターへの取材やインタビューをおりまぜ、「マクロス」の魅力をあらためて知ることができるスペシャル番組だ。そしてなんと、『マクロスF(フロンティア)』第1話スペシャル編集版をいち早く放映! 「マクロス」ファンなら見逃せない。
 さらに、MBSではその後続けて 劇場版『超時空要塞マクロス〜愛・おぼえていますか〜』も放送決定! 特番と併せてこちらもチェックだ。


■マクロス25周年記念特番
「マクロス25周年記念スペシャル」(仮)

放送情報 TBS:12月23日(日)深夜26:50〜(予定)
MBS:12月28日(金)深夜25:15〜(予定)
※1時間スペシャル(予定)

主にTV放送されてきた『超時空要塞マクロス』『マクロス7』を中心に『マクロス』シリーズ各タイトルを紹介。
クリエイターへの取材やインタビューをおりまぜ、「マクロス」の魅力をあらためて知るスペシャルコンテンツ!
そして2008年放送を目指し、鋭意制作中の新作「マクロスF(フロンティア)」第1話スペシャル編集版をいち早く放映!

製作 マクロスF製作委員会
実写パート制作 共同テレビジョン
アニメーション制作 サテライト



■『マクロスF(フロンティア)』

2008年春放送開始予定。
「フロンティア」船団に、近隣の「マクロス・ギャラクシー」船団出身のアイドル・シンガー「シェリル・ノーム」がコンサートのために来艦する。
シェリルは銀河ネットワークのヒットチャートで常に上位にランクインする誇り高きトップ・アイドルである。そんなシェリルにあこがれる少女がいた。その少女の名は「ランカ・リー」。ランカは中華レストランでアルバイトをする、ごく普通の女子高生。彼女の身寄りは、年のはなれた兄オズマ一人だけ。
オズマは特殊な軍事部隊SMSでバルキリー部隊を率いる精鋭パイロットだった。
だが、妹思いのオズマは自分が危険な戦闘機乗りであることを隠していた。
ランカは念願だったシェリルのコンサート会場に急ぐ途中、パイロット養成コースの高校生「早乙女アルト」と出会う。
学園生活の中でのありふれた偶然の出会い……。

と、そんな中、突如「フロンティア」は未知なる敵と遭遇。しかも敵は地球人でも異星人でもなく、未知の宇宙生物。次々とダメージを受ける新・統合部隊。それは新・統合軍のVF部隊をも脅かす強力な攻撃能力を持っていた。だが、宇宙生物は市民たちの居住エリアに侵入。事態の収拾に、オズマ率いるSMSのVF-25部隊が出動した。
 果たして宇宙生物の数は? 能力は? 目的は?
 そして人類は何を選択するのか……?!


スタッフ 原作:河森正治/スタジオぬえ
総監督:河森正治
監督:菊地康仁
シリーズ構成:吉野弘幸
キャラクターデザイン:江端里沙/高橋裕一
メカニックデザイン:石垣純哉/高倉武史
バルキリーデザイン:河森正治
メカニカルアート:天神英貴
音楽:菅野よう子
音響監督:三間雅文
制作:サテライト
製作:マクロスF製作委員会


■関連URL■
マクロス公式サイト
posted by 九郎 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース・雑記
お財布.com
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71697374

この記事へのトラックバック


Excerpt: 共同テレビジョン
Weblog: 東京企業3
Tracked: 2008-01-27 03:55
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。